Home    
 
Home
Profile
Message
Architecture
Renovation
Exhibition
Project
Process
publication
Contact Us
blog
 
建築との出会い

私がまだ小学生のころ、父の仕事の関係でアメリカはサンフランシスコ郊外のヒルスボロウという土地で育ちました。その幼少のころの全く違った環境への変化が、後の私にとって最も強く影響し、鮮明な将来像へと方向付けたような気がします。

「人、風景、気候、・・・そして建築が。」

建築家(Architect)という職業についてもそのとき初めて知りました。建築をデザインする文化がありデザインする専門家がいることを。


建築の可能性
 
建築をつくるということ、それは機能を満たすだけのための箱をつくるということではなく、利用する人にとどまらない周辺環境や風景(シーン)をもつくりだすという重要な役割があります。自然の美しい風景に勝るものは何もないでしょう。しかし人がそこに存在する以上、必要な要素として建築も存在しなければなりません。だからこそ一つづつ大切に風景やシーンを可能な限り責任を持ってデザインしていきたいと思っています。そのシーンのもとで魅力的な様々なドラマが展開することを期待して。


建築のカタチ(SHAPE)
 
人を表現するときに「色っぽい」という言葉があるように、物にもそして建築空間にもその言葉は存在すると思います。その永遠のテーマを私の一つの表現手法として建築づくりを手がけていきたいと思っています。


Copyright (C) 2005 TETSUSHI TOMINAGA Architect & Associates. All right reserved.